考える女性

東京への短期滞在もマンスリーマンションを活用すれば大丈夫!

● SITEMAP ●

東京のマンスリーマンションなら物件探しも簡単!

賃貸の部屋

人事異動により、東京へ転勤となる社員にとって物件探しに苦労することになります。人事異動の場合、着任日が決まっているため、内示が出てから短期間で物件探しを行うことになります。しかし、東京なら物件も多く、短時間で探せると考えていたものの、借り上げ社宅ともなると条件に合う物件が見つからないこともあります。そこで、マンスリーマンションを利用してみてはいかがでしょうか?
マンスリーマンションは敷金や礼金、仲介料が不要ではあるものの毎月の料金が高いとイメージしていませんか?しかし、実際には水道光熱費やインターネット料金などを含めると東京都内の1ヶ月あたりの家賃と変わらないケースがあります。また、マンスリーマンションは家具や家電が付いており、単身赴任の際など個別に家具家電のレンタルサービスを利用する必要がありません。また、通常の賃貸物件のように不動産業者へ相談したものの前の契約者の退去が遅れ、入居できないといったこともありません。マンスリーマンションは東京都内でも即日入居に対応した物件もあり、1週間以内に単身赴任者の借り上げ社宅を複数確保する必要がある会社にとっても強い味方になります。また、基本的には1日当たりの料金であり、退去する際に1ヵ月分の家賃が請求される心配もありません。

1ヵ月未満からも利用できる東京のマンスリーマンションのプラン

東京都内に2週間以上かつ1ヶ月未満の長期滞在となる際、宿泊先の確保に悩んでいませんか?東京都内は、ビジネスホテルでも1泊あたりの料金が高く2週間でも7~8万円になることがあります。1ヶ月にもなると10万円を超え賃貸マンションやアパートの家賃相当になることもあります。ですが、敷金返金、家具家電の購入を含めるとビジネスホテルの方が安いと感じていませんか?そこで、マンスリーマンションを不動産業者へ相談しませんか?
東京都内にはマンスリーマンションが多数あり、1日あたり水道光熱費を含めて5千円以下にすることもできます。また、マンスリーマンションの中には1ヶ月未満から利用できる物件もあり、最低2週間以上ということもあります。そのため、東京出張が多く宿泊費の高さに悩んでいる営業マンには経費を抑えられ、そして自宅にいるよう自由な生活ができます。また、短期利用ができるマンスリーマンションなら就職活動や入学試験などの一時的な滞在先としても利用できます。マンスリーマンションは自炊もできるため、ホテル暮らしで毎日外食で食費が高くて悩むといったこともありません。そのほか、不動産業者へ相談すれば即入居可のマンスリーマンションを探してくれるため、直ぐに居住先を見つけたい方にもおすすめです。

東京のマンスリーマンションはネット料金と共益費や管理費にも注目

東京都内でもマンスリーマンションなら長期滞在する際、ビジネスホテルよりもトータル費用が抑えられます。また、家具家電付きでキッチンもあるため、自炊で食費を節約することもできます。そのため、東京都内に長期出張となるビジネスマンにはメリットとなるだけでなく、宿泊費が実費精算となる会社ならクレジット決済を一時立替を行いポイント還元を受けるなど、マンスリーマンションはお得さもあります。
しかし、不動産業者へ相談する際にマンスリーマンションの契約内容をしっかりとチェックしましょう。東京都内の賃貸物件の相場より安い料金設定を行うマンスリーマンションがあるものの、ネット料金や管理共益費が別途設定されていることがあります。そのため、ネット完備やWi-Fi完備ではなくネット無料に注目しましょう。また、Wi-Fiレンタルを1日あたり100円未満で行っていることがあるものの、実際には格安のWi-Fiレンタルより高いケースもあります。また、1日の部屋代は安いものの、管理共益費が1日700円や800円というマンスリーマンションもあります。1ヶ月も滞在すれば月額料金の3割近い金額を管理共益費として請求されてしまうこともあります。そのため、管理共益費が無料もしくは部屋代に込みになっているなどに注目しましょう。


家具家電付きだったり駅チカだったりとマンスリーマンション東京は単身赴任など短期滞在の時も便利に活用できる!【アットイン】は保険料や保証料、契約手数料、管理料、さらに光熱費もコミコミの安心価格ですよ!基本備品も60種以上とこだわりの設備です!

● Contents ●

マンスリーマンションは保証人不要で契約可能!

賃貸マンションやアパートを契約する際、敷金や礼金だけでなく保証人問題に悩まされていませんか?今の時代、保証人を快く引き受けてくれる親族も少ないのが実状です。さらに東京都内ともなると家賃が高く、万が一の際には家賃の代理弁済も必要になります。また、保証会社を利用しても毎月保証料を支払うことになりま…

▶ More Detail

マンスリーマンションを社員寮として契約しよう!

東京都内の会社で、以前は社員寮を自社で保有して管理運営していたものの、入居希望者の減少、老朽化に伴う修善費の増加により廃止したものの、社員寮は必要になっていませんか?再度、新築するには費用や時間、そして管理運用費がかかる上、将来的に以前と同じ事態も生じます。そこで、不動産業者へ相談して東京都内…

▶ More Detail

専門学校への進学にマンスリーマンションを利用しよう!

専門学校へ進学する方で、地元から離れた東京で学生生活を始めるという場合、住居探しそして費用に悩むと思います。東京都内は賃貸物件の家賃相場も高く、敷金や礼金を含めると物件次第では50万円近くなることもあります。さらに賃貸物件の多くが2年契約など1年で卒業する専門学校の場合、違約金という問題も生じ…

▶ More Detail

就活にマンスリーマンションを利用して交通費や宿泊費を節約!

就職活動を行う大学生や専門学生にとって悩ましいのが、交通費や宿泊費です。特に東京の会社を複数受けるという際、地方から出てくる学生は毎回数万円の往復交通費を負担することにもなります。企業によっては一部交通費を支給してくれることがあるものの、宿泊を伴うと就活する側の負担が大きくなります。そこで、不…

▶ More Detail

TOP